投資

投資 投資

米国株投資や、日本株投資、データに基づいた分析からの投資判断についての記事になります。Pythonや外部データ分析サイトを用いた再現性のある戦略構築やエビデンスに基づく手法を紹介します。

スポンサーリンク
投資

年末、来年に向けた米国株指数やそれ以外の銘柄の動向チェックと、今後の展開の予想?メモ(予想はよそう。。)

株価指数は多くの人が見ていると思いますが、それ以外の資産クラスやETFなどで投資できる銘柄はどうなっているの?年末、来年はどうなるの?という部分での現状確認をしてみたいと思います。
投資

米国債のゼロクーポン債STRIPSについてのメモ

米国債は世界で最も安全な資産といわれ、実際IB証券などでもほとんど証拠金を求められず、現金と同等物とみなされています。最近の金利上昇の事実がありますが、株式投資でリスクを取らなくても4%の利回りが確定できるのであれば、資金を株式市場から債券市場に動くといったことが考えられますし、実際起こっての最近の米国株指数の下落だと思われます。市場の歪みを収益に変えるという観点からどのような立ち回りが可能でしょうか。
投資

Webスクレイピングについて、ヘッダーがピボットテーブルのようになっている場合の扱いについて【Google Colab:Python:pd.read_html】

読者の方から、問い合わせをいただいたのでフィードバックとコメントをお返ししたいと思います。ヘッダー情報がピボットテーブルの形式の場合や不必要なデータの削除、カラム名の変更方法を実例を挙げて説明します。
投資

米国株個別銘柄の時価総額上位50銘柄 トレンド判定やってみた!(2022/08/19 引け時点)

トレンド判定パッケージであるtrendetを用いての米国株価指数や米国個別株の底打ち反転からの上昇をトレンド判定を確認してみたいと思います。
投資

個別銘柄のトレンド判定 ヘッジファンドが多数持っている銘柄編(2022/08/17時点)

米国株価指数や米国個別株の底打ち反転からの上昇をトレンド判定をPythonのトレンド判定パッケージで確認してみたいと思います。トレンド判定のパッケージの問題なのか、ただの価格上昇サイドのボラティリティの上昇と見ているのか、ここ数日の値動きが気になるところです。
投資

TradingViewを使ってポートフォリオ運用(複数銘柄運用・配当込み) 日本株 2020/01/01に約1000万円投資していたらどうなった?【コピペで動く!】Google ColabのPythonで自分で調べてみよう!

高機能チャート表示WebサービスのTradingViewを用いての日本株のポートフォリオ運用について紹介します。TradingViewでは複数銘柄を合成した株価チャートを表示できことをご存知ですか?この機能を使うと自分のポートフォリオや気になるポートフォリオの過去推移など、簡易的に確認することができます。また、配当分のデータも表示・検討することで高(好)配当銘柄に投資したいという方にとっても役に立つ記事なると思います。
投資

個別銘柄のトレンド判定 時価総額上位20銘柄と配当の多いBDC23銘柄(2022/08/12,15時点)

<!-- wp:paragraph --> <p>米国株価指数や米国個別株の底打ち反転からのトレンド変換を感じるようになりました。</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> <p>ETFだけでなく、個別株のトレンド判定をPythonのトレンド判定パッケージで確認してみたいと思います。</p> <!-- /wp:paragraph -->
投資

成長率が高く、潤沢な資金を持つ優良なSaaS企業を「SaaSの40%ルール」で見つけられるのか?(2022/08月版)

クラウド上でブラウザ経由で必要なサービスを提供するSaaS企業(Software as a Service)は従来のPER,PBRといった指標で評価するのは難しいといった課題がありました。そういった企業群を評価するために成長率や利益率を基準に評価し、今回の銘柄群がどのような値動きをしたのか、3カ月後、6カ月など継続的に注目して見たいと思います。
投資

過去50年間のS&P500の季節性の値動きから負けにくいポジション構築はできるのか考える・大統領選挙のアノマリー対応!【コピペで動く!】Google ColabのPythonで自分で調べてみよう!

Twitterで出てくる知見は本当か自分で調べてみるシリーズです。株式投資において、季節、月による特徴的な値動きや有利なポジションでの新規エントリーや手じまいなど可能なのでしょうか?Pythonによる分析で確認してみたいと思います。 また、また、株式投資をしない人でもPythonで日付取り扱いなど”実務”の視点からすぐに使える、コピペで使えるものとなっています!
投資

S&P500年初からだと-17%なのにFOMCの利上げの3日だけ保有していたら+7%!これって本当?!【コピペで動く!】Google ColabのPythonで自分で調べてみよう!

S&P500は年初から17%下落しているのにFOMCで利上げした3月、5月、6月のたった3日のみ保有していたら+7%というTweetを拝見しました。 Twitterで出てくる知見は本当か自分で調べてみるシリーズで...
投資

おはギャー!を華麗に対処するおすすめ画像8選!これであなたも立派な株クラ!!

マーケットの大きな変動や、予想外の動きなどで使える画像を複数集めてみました。マイナスの場合には「おはギャー!(「おはよう」と驚きの表現の「ぎゃー」を組み合わせた俗語(ネットスラング))」は相場が大きく動いた時の風物詩です。
投資

株価のトレンド判定!様々な資産クラス18種類のETF銘柄を特定の調査期間でのトレンドをウェブアプリで分析・可視化・表示します。あの銘柄は買いに転換した?!売りで仕掛けられる?!

人気の18種類のETF銘柄の株価のトレンドをPythonを用いて、判定していきます。株価を所得し、トレンド判定・分析します。プログラムを書かずに済むようにウェブアプリかしました。マウスクリックだけで、簡単にトレンドの確認ができます。あの銘柄は買いに転換した?!売りで仕掛けられる?!その反転にご利用ください。
投資

ビジネスパーソンこそGoogle ColabでPython!インサイドセールスでのセールスファネルや財務諸表分析(PL/BS:ウォーターフォールチャート)、構成比率チャートのデータ分析可視化【コピペで動く!】

今回は自動執行や繰り返し以外で、Pythonの強力な可視化ツールに焦点を当て、セールスファネル、財務諸表分析(PL/BS:ウォーターフォールチャート、構成比率チャートのデータ分析や可視化について取り上げます。
投資

米国株のティッカー(Symbol)のスクレイピングによる取得、APIによるヒストリカルデータやファンダメンタルズデータ取得について【コピペで動く!】Python,Quandl,無料枠あり

データの使用目的に応じていろいろなデータ取得方法があります。単純なリストとして取得できればいいのか、ヒストリカルデータやファンダメンタルズデータまで必要なのかも重要ですし、取得方法もPythonによるスクレイピングなのか、APIなどで取得する方法など、使用用途や方法によってさまざまだと思います。QuandlのAPIでのアクセス方法も紹介します。
投資

【解決】スクレイピングでHTTP Error 403: Forbiddenでアクセスできないときに試すべき方法【コピペで動く!】【Google Colab:Python:pd.read_html,selenium】

最近増えてきているスクレイピングを回避するサイトかなと思いましたので、簡単な回避策をご紹介したいと思います。 HTTPError: HTTP Error 403: Forbidden 今回の例ではSeleniumを使って問題の解決を図りたいと思います。
投資

流動性・インフレについて

リーマンショックの時には流動性危機という物が注目されたりしました。流動性について記事をまとめたり追記したりするものになります。適宜、加筆予定。 TradingVeiwでのハイイールドスプレッドの長期チャート ...
投資

ボラティリティ クラスタリング(Volatility Clustering)について:Google ColabのPythonでの相場環境分析

マーケットの値動きは不安定(ボラタイル)な時期と、安定(ボラティリティが低い)時期が比較的固まって現れます。これをクボラティリティ クラスタリングといいます。 株価の変化率や収益率自体には自己相関は観測されませんが、一般的に言って、株価の収益率の2乗には自己相関が見られるといわれています。そういった物を現状の株価で確認したり、Pythonを用いて検証してみたいと思います
投資

コンファレンスボード Leading Economic Index 景気先行指標 総合指数関係

コンファレンスボード Leading Economic Index 景気先行指標 総合指数関係の記事をまとめたり追記したりするものになります。適宜、加筆予定。
投資

住宅・ベンチャーキャピタル関係記事まとめ

Fedの利上げ、景気後退が話題になっています。目についた記事を時系列でまとめ、以前より悪化したのか、改善したのか、まとめてみたいと思います。随時加筆の予定
投資

失業率と失業保険申請件数の増加トレンドをまとめてみる

失業保険申請件数に注目しています。今後の展開を占ううえで、継続的に注目して見たいと思います。
タイトルとURLをコピーしました